トップ » MLFを利用するには » 到着時の手続き

MLF到着時の手続き

入構に先だって、滞在に必要な物品の受け取りと安全教育の受講が必要です。

安全教育について

安全教育は年度ごとの受講が必要です
寒材使用・レーザー使用の際は別途受講が必要です

寒材は低温セクションの教育、レーザーは安全担当者からの教育となります。詳細は装置担当者にお問い合わせ下さい。

J-PARCで作業を行うためには、ユーザーズオフィスでDVD視聴による安全教育を受講していただく必要があります。受講内容は以下の通りです。

教育の一部は事前にWeb視聴が可能です

事前に利用者支援システムでWeb視聴を行うと、到着後の手続きにかかる時間が短縮されます。放射線安全教育(約40分)については従来通りユーザーズオフィスでの受講が必要です。

一般安全教育 + 施設別安全教育(MLF)
30分
放射線安全教育
40分
放射性同位元素及び放射線発生装置による放射線障害の防止に関する法令(国外機関所属の方のみ)
60分

ユーザーズオフィス業務時間内に到着する方 平日9:00-17:00

J-PARC User ID Card、車両通行証、OSLバッジの受け取り

ユーザーズオフィスで交付等を行います。交付後、J-PARCに入構する事ができます。

J-PARC User ID Card受け取り後は原科研正門で入構の手続きは不要です

J-PARCは原科研の敷地内にあるため、まず原科研への入構が必要です。J-PARCの入構手続きで原科研への入構手続きも完了していますので、原科研正門ではJ-PARC User ID Cardの確認のみで入構できます。

安全教育の申し込み・受講

安全教育開催時刻は以下の表の通りです。あらかじめ入構申込書に記入された予定到着時刻をもとに、調整・連絡いたしますので、割り当てられた時間に受講して下さい。

日本国籍の方9:15-10:15
11:00-12:00
13:15-14:15
15:30-16:30
国外機関所属の方9:15-11:15
13:15-15:15

ユーザーズオフィス業務時間外に到着する方 平日17:00-翌9:00、土日祝日

J-PARC User ID Card、車両通行証、OSLバッジの受け取り

東海ドミトリー(Tokai Dormitory)で受け取れるよう手配いたします。J-PARC User ID Cardの交付に必要になるため、事前に顔写真データをユーザーズオフィスに送付してください。

安全教育の申し込み・受講

Web視聴の場合は「氏名」と「受講完了日」が表示されているページのコピーが必要です

事前に利用者支援システムで安全教育ビデオを視聴した場合は、の視聴後の「氏名」と「受講完了日」が表示されている画面のプリントアウトまたはキャプチャをお持ち下さい。

申し込み方法 事前の予約が必要です。事前に施設側担当者との調整が必要になりますので、ユーザーズオフィスへ希望開始日時をご連絡ください。
対応時間原則として、加速器運転期間中の20:00まで受講が可能
※運転期間中以外は、時間外対応を行いません。
受講場所MLF他。受講日時等については個別にご案内いたします。

実験が終了したら…

実験が終了したら退去時の手続きおよび実験終了後の手続きを行います。