トップ » 実験装置 » BL12 HRC » 詳細情報

BL12 HRC 高分解能チョッパー分光器

概要

高分解能で広くエネルギー・運動量空間を探査し、物質のダイナミクスを観測

研究対象固体中のスピン・原子・分子の運動
特徴高速回転フェルミチョッパーにより、世界最高分解能を実現し、高エネルギー中性子と小角散乱検出器の利用により、これまで到達不可能だったエネルギー-運動量空間へアクセスする事を目指します。

仕様

情報更新:2016-10-31

装置名称高分解能チョッパー分光器 (HRC)
装置の目的・概要物質の磁気励起や格子振動などの素励起を比較的高いエネルギーの中性子を用いて高分解能で測定する中性子非弾性散乱装置
ビームライン番号BL12
モデレータ種類非結合型モデレーター
中性子エネルギー10 < Ei < 500 meV
散乱角水平 -30° ~60°
垂直 ±20°
中性子強度 (試料位置での中性子束@1MW)1x105 n/s/cm2 (ΔE/Ei=2.5%)
エネルギー分解能ΔE/Ei ≥ 2% (@E=0meV)
最大試料サイズ4×4 cm2
試料環境・機器GM冷凍機 (4-300K)
1K冷凍機 (Tmin=0.6K)

ビームラインチーム

装置責任者 共同実験代表者伊藤 晋一(KEK, 物質構造科学研究所/J-PARCセンター)
副装置責任者横尾 哲也(KEK, 物質構造科学研究所/J-PARCセンター)
羽合 孝文(KEK, 物質構造科学研究所/J-PARCセンター)
共同実験代表者益田 隆嗣(東京大学物性研究所附属中性子科学研究施設)
吉澤 英樹(東京大学物性研究所附属中性子科学研究施設)
左右田 稔(東京大学物性研究所附属中性子科学研究施設)
吉田 雅洋(東京大学物性研究所附属中性子科学研究施設)
川名 大地(東京大学物性研究所附属中性子科学研究施設)
浅見 俊夫(東京大学物性研究所附属中性子科学研究施設)
杉浦 良介(東京大学物性研究所附属中性子科学研究施設)
川村 義久(東京大学物性研究所附属中性子科学研究施設)
篠崎 知子(東京大学物性研究所附属中性子科学研究施設)

メールアドレスを表示させるにはチェックして下さい

関連記事

研究成果マルチフェロイック物質NdFe3(BO3)4の結晶場励起: 磁性と誘電性が共存するマルチフェロイック物質は、TbMnO3の巨大な電気磁気(ME)効果の発見に始ま... (MLF月間報告2017年07月)
研究成果遍歴電子反強磁性体 γ-Fe0.7Mn0.3 におけるスピン波励起の減衰: 鉄系高温超伝導体においては、磁気励起の超伝導への関与が指摘されている。鉄系超伝導体母物質のスピン波励... (MLF Monthly Report 2017-05)
装置整備HRCにおけるフェルミチョッパーの改造: フェルミチョッパーは、遮蔽板とスペーサーを交互に積層したスリットパッケージを回転させ、スリットが中性... (MLF Monthly Report 2017-02)
研究成果Mg-Zn-Y LPSO合金の微視的弾性的性質の不純物効果: ここ十数年の間、ZnおよびYやGdなどの希土類金属を不純物としたMg合金(熊大マグネシウム)が、注目... (MLF Monthly Report 2016-11)
装置整備夏期停止期間中のHRCの整備:  HRCでの中性子ブリルアン散乱法の成功を受けて小角領域の検出器の増設がたびたび認められている。小角... (MLF Monthly Report 2016-10)
研究成果液体メタノールの中性子ブリルアン散乱: 液体のダイナミクスには単一粒子ダイナミクスと集団ダイナミクス[1]が存在するが、前者は非干渉性中性子... (MLF月間報告2016年08月)
装置整備小角検出器の整備: 高分解能チョッパー分光器(HRC)では、散乱角が0.6 - 4°の小角領域(設計では10°まで設置可... (MLF月間報告2016年07月)
研究成果金属強磁性体SuRuO3のスピンダイナミクスとワイルフェルミオン: SrRuO3は、ペロブスカイト型の結晶構造をとり、磁性原子であるRuがほぼ単純立方格子に配置される金... (MLF月間報告2016年06月)