トップ » 実験装置 » BL06 VIN ROSE » 詳細情報

BL06 VIN ROSE 中性子共鳴スピンエコー分光器群

概要

中性子スピンエコー法で観測するとピコ秒からサブマイクロ秒における広い時間領域の原子分子ダイナミクス

研究対象水等の小さい分子から、超分子会合体等の巨大分子の緩和や拡散現象。ガラスや磁性体、強誘導体のスローダイナミクス。
特徴中性子スピンエコー法では中間相関関数I(Q,t)を直接評価する事が可能なので、緩和・拡散現象の測定に威力を発揮する。更に、中性子散乱では最高のエネルギー分解能を誇る。

The neutron spin echo (NSE) technique is an essential spectroscopic method, which has achieved the highest neutron energy resolution at the present moment. NSE with a pulsed neutron source makes it possible to scan a wide spatiotemporal space very efficiently. Kyoto University and KEK are jointly installing two types of NSE spectrometers at BL06, that is, a neutron resonance spin echo (NRSE) instrument and a modulated intensity by zero effort (MIEZE) instrument. Both NRSE and MIEZE make use of neutron resonance spin flippers, which made it possible to design and install compact and multiple spectrometers machines in a narrow space. We named the beam line “VIN ROSE” (VIllage of Neutron ResOnance Spin Echo spectrometers), which will spawn a new field of spectroscopic methods.

仕様

情報更新:2017-05-01

装置名称中性子共鳴スピンエコー分光器群(VIN ROSE)
装置の目的・概要中間相関関数I(Q,t)を直接評価する事が可能で、ピコ秒からの広い時間領域の原子分子ダイナミクス測定が可能。
ビームライン番号BL06
モデレータ種類結合型モデレータ
中性子波長λ=0.3~0.7nm
散乱角2θ = 0 ~15°
測定可能偏極反射率R > 1.0-5
フーリエ時間1~500 ps(試料ー検出器1.2m, 最大実効振動数:200kHz)
検出器二次元シンチレーション検出器
試料環境現在は室温近傍の試料のみ
その他の特徴・利用に関する注意など現在はMIEZE分光器でかつ反射率測定型のみが利用可能です。ご希望の方は必ず事前に装置責任者へお問い合わせください

ビームラインチーム

装置責任者遠藤 仁(KEK, 物質構造科学研究所/J-PARCセンター)
副装置責任者瀬戸 秀紀(KEK, 物質構造科学研究所/J-PARCセンター)
山田 悟史(KEK, 物質構造科学研究所/J-PARCセンター)
根本 文也(KEK, 物質構造科学研究所/J-PARCセンター)
日野 正裕(京都大学原子炉実験所/KEK, 物質構造科学研究所)
小田 達郎(京都大学原子炉実験所)

メールアドレスを表示させるにはチェックして下さい